スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
もう一つの夢
JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々

今日はなぜかふと、サンドブラストのことを書いてみたくなりました。

日本にいるときに3年ほど通っていたサンドブラスト教室。
当時は千葉・東京で一人暮らし。毎週1回の教室は毎回楽しみでした。
サンドブラストはガラスや、鏡、木の素材に模様を砂で削っていく手法で、その削り方によって何層にもなって、立体感が出たり奥行きがでたりするのです。
とってもはまっていましたね〜。その頃は、仕事、英会話学校、ジム、そしてサンドブラストの日々でした。

オーストラリアに留学するときに考えていたのは、もちろん英語の上達、Sonographerの資格を取る、そしてもう一つ、サンドブラストでビジネスする、、、でした。
ワインボトルやグラスにサンドブラストすれば、とっても素敵な贈り物になるし、ワイナリーの多いオーストラリアだったら、それが叶うかも〜なんて思っていました。

留学したものの、結婚出産などで、Sonographerになる夢がちょっと遠のいた時期、サンドブラストしかないと、日本から、きせガラスをいっぱい買い込んできたんですが、ブラストするには機械がいるし、その当時アパート暮らしだったので、条件的に難しく断念しました。

今はおうちを買ったものの、仕事で忙しいし、サンドブラストをするなら、もう少しじっくり時間が欲しいので、2〜3年後にNSWに引っ越したときに、実行したいと思っています。

ということで、

過去の作品集

これは徳利セット。お花は母のデザイン。
アメリカボストンに住む友人夫婦へプレゼントしたものです。


これは大好きなロイヤルブルーの色きせガラスを使ったワイングラス。
孔雀の模様が細かくて、かなり時間がかかったと記憶しています。
東京の病院に勤めているときに一緒に働いていた仲良しの看護婦さんへ贈りました。


これも同じ孔雀の柄ですが2色きせてあるガラスで作りました。
自分の大のお気に入りなので、オーストラリアに持ってきて飾ってあります。


アイスクリームのお皿です。
これもどなたかにプレゼントしたような・・・・。


これもお気に入りで、持ってきています。
竹の前後感を出すのにとっても時間がかかった作品です。
私のイニシャルM付き。

和風や洋風のデザイン集も買ってあるので、本棚で出番を待ってるはずです。

夢は口に出すと叶うらしいので、こうやって記事にしてみました♪



 
サンドブラスト 21:49 comments(2)
1/1
〜〜オーストラリアメルボルンでの日々の生活や超音波のお仕事、菜食やAnimal rights、そしてクラフトライフをお届けします〜〜
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Australia Time
ブクログ
ブログ村**応援してね♪
Book Mark
Other