スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
天職に出会うまで
JUGEMテーマ:超音波検査


私が高校生のころよく言われていたのが、女性も手に職を!
で、医療系だったら就職にも困らないかなと思い、最初は、歯科衛生士になろうと思っていました。でも、一日体験に行ったときに、「毎日、人の口を触るのって何かいやだな・・・・」と思い、考え直すことに。

高校3年生のときに、学校で医療系の専門学校についての説明会がありました。
その説明会では看護婦、臨床検査技師の専門学校からの人が来ていました。
そういえば、私の祖父も獣医件臨床検査技師で、私の血液型も調べてくれたっけな〜なんて思い、臨床検査技師に興味を持ちはじめました。でも、その当時、国家試験合格率は全国平均が50%。看護婦の90%とは程遠い数字で、学校を出ても試験に受からなければだめなわけで、ちょっと考えました。そこで、国家試験合格率のよい学校を選びました。でも、学費が高くて、親にはとっても苦労をかけたと思います。

臨床検査技師は主に、病院の検査室で血液検査やら、尿検査など、検体を扱う仕事です。
唯一患者さんと接することが出来るのが生理検査室。心電図や脳波などとるお仕事です。
やっぱり、「検体」より、患者さんとかかわる仕事がしたいな〜と夢見ていました。
そして専門学校2年生のときに、大学で言う卒論の代わりに研究発表があり、私は腹部超音波を選びました。友達と、肝臓の模型を作り、超音波でスキャンしたときのカット面を再現しました。
そこから、私の執着がはじまりました。
どうしても、超音波検査で仕事がしたい!!
でも、大きな病院にいくとどうしても検体系にまわされることが多い。
なので、検体検査を外部に委託している小規模の病院に行けば、間違いなく、生理検査が出来るということで、最初の就職先は小規模の民間病院でした。
ただ、そこには、きちんと検査のできる技士がいず、勉強できないと判断して、違う病院に移りました。が、そこは年功序列で教えてもらえず、お給料が安かったこともあって、祖父の勧めで市立病院へ行くことになりました。最初は生化学検査室に入ると言うことで面接に行ったのですが、それは、祖父の聞き違い
なんと、入ってみれば、生理検査室!ものすごくラッキーでした。
そこでは、かなりできる技師さんがいて、心電図と腹部超音波をビッチリ教えてもらいました。

その後、人間ドック中心のクリニックに移りました。
そこでは、乳腺外科を週2回やっていたため、乳腺エコーを教えてもらうことが出来ました。
これもラッキーでした。
そこでよく教えてくれたガン研出身の乳腺外科医の先生のおかげで、とっても乳がんに興味をもつようになりました。

そして、いろんなことが重なって、今オーストラリアでも大好きな超音波検査を出来ること。。。やっぱり、天職と言うべきなのでしょうか。
超音波検査も好きですが、やっぱり、私は人が好き。
いろんな人、患者さんとかかわれて、いろいろ学ぶことがあります。

今日は82歳の患者さんのRenal scanをしたのですが、とってもお話し好きのおじいちゃん。自分の孫や、子供のことをいろいろと、話してくれました。その患者さん曰く、子供を育てる上で一番大事なことは「Love」と「マナー」。
子供の日本語教育でちょっぴり落ち込んでいた私の心にこの言葉がすっぽりとカバーしてくれて、少し元気になりました。

こうやって、素敵な患者さんに会えるのも超音波検査で毎日学べるのも「天職」に出会えたおかげです。本当にありがたいことですね。







・・・・・・・・・・・・みなさんの「天職」は何ですか?



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いつも読んでいただいてありがとうございます

ランキングに参加させていただいています

クリックにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
よろしくお願いします





日々の暮らし 21:20 comments(0)
スポンサーサイト
- 21:20 -
COMMENT









〜〜オーストラリアメルボルンでの日々の生活や超音波のお仕事、菜食やAnimal rights、そしてクラフトライフをお届けします〜〜
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Australia Time
ブクログ
ブログ村**応援してね♪
Book Mark
Other