スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
Corpus luteum rupture(黄体のう胞破裂)
JUGEMテーマ:超音波検査
 
最近忙しくて、全然、症例をアップできていませんでした。。
ごめんなさい!

さて、久々に、今日はちょっとした症例です。

32歳女性。
妊娠12週
右下腹部痛を2日間訴えて、検査を依頼されました。

発熱は無いようです。
痛みは、おへその辺りから、右下腹部に伝わるような痛みだとのこと。
盲腸炎既往なし

まずは赤ちゃんのViabilityのチェックから。

心拍数173bpm、正常範囲です。


右の卵巣は大きさも形態も特に異常は無い感じでした。



そして痛みが強いRight iliac fossaの検索。
Cecum(盲腸)付近、少量の液体貯留を認めます。
でも盲腸炎の超音波像はみられません。


高周波プローブに変えて・・・・・


液体はクリアで、Debrisは無いようでした。



この液体貯留と右卵巣の位置関係は


また卵巣の戻って付近の血流を見ると

少し、血流の上昇が見られるようです。

右下腹部通は尿路系の場合もあるので腎臓も必ずチェック。

特に、水腎症はみられませんでした。


液体貯留以外の所見はありませんでしたが、マニッシュ先生の見解はおそらく、黄体のう胞の破裂による、液体貯留および、右下腹部痛であろうとのことでした。



毎日学ぶこといっぱいの超音波検査、、、そして、いろいろ教えてくれるマニッシュ先生と一緒に働けて、本当に幸せいっぱいです♪
Sonography 22:37 comments(0)
スポンサーサイト
- 22:37 -
COMMENT









〜〜オーストラリアメルボルンでの日々の生活や超音波のお仕事、菜食やAnimal rights、そしてクラフトライフをお届けします〜〜
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Australia Time
ブクログ
ブログ村**応援してね♪
Book Mark
Other
  • Log in
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Material by ふわふわ。り
  • Template by a dear friend