スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
Carpiradialis Muscle Tear
JUGEMテーマ:超音波検査
 

ものすごくご無沙汰です。

いろいろアップしたいことはあるのに、忙しいのと、疲れてるのとで、なかなか更新できませんでした。

仕事も、毎日恐ろしく忙しくて、会社の方針で、予約無しの検査も無理やり受け容れることになり、毎日くたくたです。。

とはいっても仕事は今も大好きで、忙しいけれど、楽しんでいますよ〜。

先日もとっても興味深い症例を経験しましたので、アップしておきます。

61歳男性。
2年ほど右ひじが痛くて、最近になり、すごく悪化したとの事で、検査に来ました。
2年も痛いのだから、慢性的なもの。
ひじの外側と腕が痛いとの事で、Common Extensor Tendon Origin(CETO)の炎症の疑いがもたれていました。

早速CETOから検索


HeterogeneousでちょっとしたEnthesopathyも見られているので、Tendinopathyです。
臨床的に慢性なので、この所見がメインのものと考えてうたがいませんでした。

ひじの内側、前側、後ろと検索しましたが、特に異常は無く、やはりCETOのTendinopathyが最終診断だろうと、検査を終えようとしたときに、患者さんが、ひじから少し離れた腕の部分を指差して、ここが痛いんだけど、ここは見てくれないの?と言ってきました。
私「ひじのメインの腱に炎症が起きてるから、おそらく、その痛みはRefer painよ。」
と言って、検査を終えようとしましたが、患者さんは納得がいっていなかったので、とりあえず、痛みの部分にプローブを当てることにしました。
比較的、こういった患者さんは多く、特に肩の検査では腱の損傷があると、必ずと言ってRefer painが上腕にあるので、痛みをポイントアウトされても、Refer painで済ませてしまう事が多々あります。

が、この患者さんの場合は違いました。

何と、当てた箇所の筋肉に明らかな損傷が見られたのです!!


思わず、「Lucky I scanned the area」と言ってしまいました。









Tender spotに所見あり。  教訓にします。


Radiologistによる見解は慢性のCarpi radialis muscle tearとのことでした。

Sonography 22:17 comments(0)
スポンサーサイト
- 22:17 -
COMMENT









〜〜オーストラリアメルボルンでの日々の生活や超音波のお仕事、菜食やAnimal rights、そしてクラフトライフをお届けします〜〜
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Australia Time
ブクログ
ブログ村**応援してね♪
Book Mark
Other