スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
ピアノの練習記録ノート++音符のはんこ++
 
今年に入り

ピアノの先生から、新しい練習ノートを試してみましょうと

A4ノートを持参するように言われました。

ノートを買いにオフィスワークスに行くと、

入り口近くにに$1.25の裸ノートを見つけ、

表紙は自分で作れば、安く済むな〜とけちけち根性で

このノートを買って帰りました。

早速表紙作り。。。

グランドピアノのイラストを印刷して貼り付けます。




中をどうやって、使うかと言うと、

BOOK1からの曲目を1ページに1つ書き

その曲を練習で弾いたら、はんこを押していくと言う感じで

使うそうです。

どうせなら、はんこも手作りしようと思い、グランドピアノ型で作ろうと、

クラフトショップに行ったけれど、消しゴムが売って無くて断念。

手持ちの小さな消しゴムでできる音符はんこにしました。

(左から8分音符、16分音符、うさぎ・・これは関係ないけど)




中はこんな感じ



BOOKナンバーごとに印のシールをつけて、曲をすぐに探せるように。。。

ちなみに、さゆかはBOOK3に入ったところですが、

BOOK4の楽譜も買ったのでついでにBOOK4も作っておきました。



これで、毎日に練習も少しは楽しめますように。


クラフトその他 18:05 comments(0)
手作り針刺し
  JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々

今日は3連休の最終日。

特に予定も無く、洗濯とクラフトデーとなりました。


Facebookで日本の友人が作っていた針刺し、

とっても可愛くて作り方を教えてもらいました。

彼女は缶ボトルなどの蓋を利用していましたが、

うちにはちょうど良いものがなかったので、

蜂蜜?か、ピーナッツバター?のプラスティックの蓋を

布でくるんで使いました。




 


そして、瓶のアルミ製の蓋もとって置いたので、

それを使って小さいものを作りました。

 

この小さいものは腕につけれるようにして、

裁断したり、、しるし付けしたりするときに

針刺しをあっちこっち持っていくのは不便で、

腕につけておけば、針をその辺に置きっぱなしして忘れることもないかと、

ずぼらな私用に作りました。




腕のゴムにはんことか押したら可愛かったな。


入れ物や瓶の蓋のリサイクルと言うことで、

今年のサステナフェスティバル用に

少しずつ作っておこうかな。



手作りの一日、良い一日でした。






布小物・ソーイング 16:42 comments(0)
生きていること
JUGEMテーマ:スピリチュアル
  先日、19歳の女の子が乳腺のバイオプシーに来院しました。

このくらいの年齢だと、繊維線種という、良性腫瘍の場合が多いのだけど、

前回超音波画像を見ると見るからに悪性像。



お母さんと妹が付き添いできました。



しこり自体に気づいたのは去年の5月だそう。

それからしこりの大きさはそれほど変っていないとのことなので、

悪性ではない可能性もあるかな、そうであるといいなと

思いながらバイオプシーに付きました。



が、結果は悪性。

この患者さんに関わった全てのスタッフが良性であることを願っていたのに。



19歳で何で?

本当に神様っているのかな?とむなしくなり、

この子のお母さんの気持ちになるといたたまれなくなります。








生きているってありがたいこと。


娘の成績が悪い!とか、

娘がピアノの練習をあんまりしない!とか、

日本語を真剣に勉強してくれない!とか

そんなことって、それほど重要じゃないんだよね。

生きているのが当たり前だと思うからたくさん要求してしまう。


娘達もまーイケル君も元気で笑ってくれているだけで
素晴らしいことなんだよね。






遅いけど、


今年の抱負。

「家族に感謝をして、もっと優しく接する」

角が出ないように頑張ります。






スピリチュアル 21:31 comments(4)
Planter Fascitis (足底腱膜炎)
JUGEMテーマ:超音波検査
 
症例の記事、、、最後にアップしたのが去年の10月。

またまたご無沙汰してしまいました。




今回は先週の土曜日に経験した症例です。

患者さんは49歳女性。

長年かかとの痛みが両側(左>右)にあって、1年前にも同じ検査をしていました。

今回検査するまでにCortisone Injectionというステロイドの一種を注射する治療法も行ったそうです。その後、一時期は良くなったけれど、また痛みが再発し、再検査を依頼されました。


Planter Fasciaの超音波は手技はとっても簡単です♪


患者さんにうつぶせに寝てもらい、ベッドのエッジから足がはみ出すようにしてもらいます。
そしてかかとをScan。
かかとは皮膚が厚く見づらいので、ゲインの調節をします。


まずは痛みの軽い右側を検索。


1年前の検査では33mmだったので、少し厚めにはなっているものの正常範囲(5mm以下)内です。
が、FasciaをDistalに追っていくと、中間ほどに局部的な肥厚があり、Calcificationもみられました。


が、患者さんに聞くとこの部分は痛みが無いとのことで、この所見は臨床的にはあんまり意味がなさそうです。


そして、痛みの強い左側ですが、6.5mmとかなり肥厚しHypoechoicで明らかに異常です。(1年前は6.1mm)


Fascitisに付随してよく見られる所見「Spur」は見られませんでした。
SpurはFasciaのInsertion部分、Calcaneusという骨の近辺にみられるもので、エクストラの骨が見られることを言います。
このSpurはアキレス腱側にも見られることがあります。


きっとこの患者さん、また、超音波ガイド下のCortisone Injectionしに来そうです。






Sonography 20:06 comments(0)
レギンス いろいろ
 
もう、2013年が始まって、20日も過ぎてしまいました。早っ


もうすぐ娘達の学校が始まります。


レギンスはいくつあっても重宝するので、

学校のユニホームの下に着れるようにブルー系で作りました。

先日スポットライト手芸店で見つけた羊のニット地。

可愛くて衝動買いをしました。

まだ、昔買ったニット地がたくさん残っていると言うのに!


早速作ってみましたが



ほっちーにはパジャマ作ったの?と言われました

確かに〜〜〜パジャマっぽい。

しかも羊がいっぱいで眠気を誘う




このレギンスは裁断さえして、伸び止めテープをつければ、

あらよっというまに出来てしまうので、

まとめて作ってみました。




紺地の水玉も学校で使えそう。

真ん中の二つは今度遊びに来るお友達へプレゼント用に。


まだ、昔買った布があまっているので、

気持ちが乗っている間にもう少し作っておこうかな。。。

というわけで、型紙や布を出しっぱなしで散らかっています。

自分のクラフトルームが欲しーーーい!


布小物・ソーイング 20:12 comments(0)
土講座にて
 
JUGEMテーマ:家庭菜園

1月3日は新年早々サステナブルコミュニティー
JOYのイベント
「土講座」に行ってまいりました。

日本から講師
西山雄太さんをお招きしての講座。

土がこの生態系でいかに重要であるかを

わかりやすく、実例を挙げて説明していただきました。


良い土のためには、

土の上に植物が根付き、生物がいること、

土はむき出しの状態では良くなく、土を覆う枯葉だったり、

植物が必要なこと、コンポストによって、

土を生き返らせることが出来ること、などなど、

盛りだくさんの内容で、とても勉強になりました。

彼は100年後の地球のことを考えて行動されている方で、

本当に、共感できるし、素晴らしいと思います。

今の自分だけでなく、子供、その子供のことも考えて、

一人一人が選択をしていったら、きっと緑の地球は残せますよね


雄太さんのお話の後に、

メルボルンで家庭菜園、養蜂をてがけている
Hatsuさん

コンポストに関することを詳しくお話していただき、

私も、コンポストを作ろうというモチベーションをもらいました。

そして、最後のスピーカーあんなさん、

彼女はメルボルン郊外のファームで暮らしている方で、

そのファームでの、体験談や、動物達と共存しながらの

素敵な菜園生活を見せていただきました。

共存」とっても大事なことだと思います。

人間だけよければよいということでは本当にないんですよね。

あんなさんの動物に優しいトーク、感動して、

あんなさんにハグ〜〜したかったです(笑)



2013年早々、素晴らしいトークを聞けて幸せな一日でした。


このイベントで行われているサステナマーケット。

今回は菜園にちなんだものが並びました。




 

私は、パイナップルセージとローズマリー、バジルと

ハーブ系を購入。

早速プラントマーカーもつけて、デッキに置きました。

  


大事に育てたいと思います




ガーデン 19:25 comments(1)
今年最初のクラフト++アルミ缶のプラントマーカーとハートフル鳥よけ++
JUGEMテーマ:家庭菜園
 

家庭菜園では

もちろん、水やり、雑草取、などが毎日の日課なのですが、


そんな毎日のルーチンのなかにも、

心がホンワカする、アクセサリーも必要?ではないかと

私自身は思います。


空き缶のアルミを使って、

プラントマーカーと

ハートフル鳥よけを作ってみました。


ジュースやビールの空き缶を洗って、

型に切り取り、

釘とハンマーで模様をつけ、

色を塗ります。

オフホワイトでまず塗って、

アンティーク色、黒と重ねていきますが。

薄く塗って乾かすを繰り返すので、

この時点で、何日もかかりました。

その後、

釘でハーブや、苗の名前を書いていきます。





使っていくうちに、色が少しはげたりして、味が出てきます。

1番上の写真の右端のプラントにさしてあるプラントマーカーは

3年位前に作ったもの。。





そして、あまったアルミ缶で何か出来ないものかと、

ハートをいっぱい切り抜いて、

鳥よけ?を作ってみました。

色を塗って乾かしたものを

針金でつなげて、埋めたての種のところなどの近くに

おいたら、風で、なびいたりして、鳥よけに

なるんじゃないかと言う、勝手な想像で作りました。






まぁ、お外のインテリアにもなるかな。



元旦からこんな手作りをしています。


あ〜〜〜明日は仕事始めだ〜〜〜(泣)


クラフトその他 17:40 comments(0)
Raw cheese marble cake
 
明日はクリスマス。

毎年まーイケル君実家Bendigoへ行きます。


これでもか!というほど、

大量の食事とケーキの山!


私は、どうしても体がついていかないので、

私と娘の体に優しい食事を持参します。

ケーキも、動物性を使わないあっさり系を作っていこうと思っています。



娘達も大好きなRaw cheese cake.

いつものRyoyaさんのブログから。


今回もマーブルケーキを作りました。

そういえば、ちょっと前に、このチーズケーキの記事をアップしたかも。

まぁ、同じ内容ですが、今回は次女ほっちーの

手伝い振りも兼ねて。

エプロンをして、手伝う気まんまんの彼女ですが、

このチーズケーキ、分量を量って、

フードプロセッサーに入れて混ぜるだけなので、

彼女の出番は、量るときにメモリを見て、ちょうど良い分量のときに

教えてくれる役目。。


そして、容器についたフィリングをなめる役目。

きっとこれが、彼女の1番の狙いかもしれません!

Raw cakeだからこそ出来るLickingですね☆




こうして手伝ってもらって、マーブルケーキが出来ました。




冷凍庫に入れて、

明日、Bendigoへ持参します。



クッキング 21:07 comments(0)
娘達、来年はシュタイナー教育をしている学校へ〜〜〜
 

今年までは日本語と英語のバイリンガル小学校にお世話になっていました。

日本語の教育は素晴らしく、

その点に関してはすごくありがたかったのですが、

ランチタイムのことやその他、細かな点で??っということがいくつかあり、

このままでよいのだろうかと悩んでいるところ、

タイミングよく、

シュタイナー教育のことを聞く機会があり、

私の求めていた教育法!っていうか私が行きたかった〜〜という方針の

学校で、8月に見学に行き、とても気に入りました。

シュタイナー教育についてはまだまだ勉強中なのですが、

音楽にも力を入れていて、3年生からは必須で弦楽器を習います。

学校の教室はアートで飾られ、

黒板もあります。

庭には自分達で育てる菜園あり、ニワトリも放し飼い、

大きなキッチンがあり、

子供達が、自分で育てた野菜でクッキングもあるようです。

とっても素敵な学校、しかも、公立!

家から、車で20分と少し遠くはなりますが、

私の気持ちは決まりました。

子供たちとも見学に行き、子供達も移りたいと思ったようです。



普通シュタイナーは制服などは無いのですが、

ここは公立で、同じ学校内に普通の教育を行っているクラスもあって、

制服などは決まってるようです。

ラッキーなことにカラーは前の学校と同じブルー。

前の学校のロゴを変えれば、使えそうです。

バックにも大きなロゴがプリントされているので、

それを隠すべく、細工をしてみました。

長女はピンク、次女は青系の布で、

パッチーワークを作り、中に、キルト芯を入れて厚めにします。

フェルトで、イニシャルを刺繍してアップリケ。

ポケット口を作り、

毛糸でかがります。

こうして出来たミニ座布団みたいな布を

バックのロゴのところに縫い付けました。

バックがビニール地で厚くて、縫い付けるのには苦労しましたが、

何とか出来上がりました。



とっても、シュタイナーっぽいバックになりました。



 
とっても満足している私でしたが、

子供達も大喜びしてくれて写真を撮れとせがまれました。







あとは、帽子や制服も休み中にロゴ隠しクラフトしないと!







日々の暮らし 19:48 comments(2)
生まれてはじめての梅酒作り
 先日友人から青梅をいただきました。

よし、梅酒を作ろうと思い立ったものの、

1週間ほど放置しておいたら、梅が熟してしまった〜〜。

熟した梅でも作れるようなので、早速今日は梅酒作り。

ホワイトリカーは手に入らないので、

アルコール度35度以上、匂いもないお酒「ウォッカ」を使うことに。


が、


このウォッカ,た,,高ーーーい

1リットル安いもので40ドル弱

全部で1.8リットル使うので、2リットル買って80ドル

なんとも高い梅酒になりそうですが、

やっぱり手作りすることに意味があるよね〜〜〜と、

自分に言い聞かせ、

IKEAで密封できる瓶と入れ物を買って

いざ、手作り開始。

作り方はこちら***


梅が熟してしまった場合、酸味を補うのにレモンを足すと良いそうです。




レモンは2ヵ月後に取り出します。

そして、後は1年の我慢。

来年のクリスマスには味見できそうです



日々の暮らし 18:39 comments(0)
<< 2/71 >>
〜〜オーストラリアメルボルンでの日々の生活や超音波のお仕事、菜食やAnimal rights、そしてクラフトライフをお届けします〜〜
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Australia Time
ブクログ
ブログ村**応援してね♪
Book Mark
Other
  • Log in
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Material by ふわふわ。り
  • Template by a dear friend